海外旅行の行き先決定には旅行の目的を決めることが役立ちます

海外旅行で利用する名前ラベル

自宅以外で生活することがある場合、自分で持ち物を持って行くことがあります。この時にはできるだけ名前を書いておくのが良いと言われます。自分しか持っていないと思うものでも他人と同じになってしまうことがあります。どちらかが紛失すればお互いが疑われてしまいます。予め名前を書いておけばそのようなことは防げます。自分の確認用として名前を書いておくこともあるのですが、他人にわかるために名前を書いておくことも必要です。

一般的に日本人が名前を書くときは日本語を使います。漢字、ひらがな、カタカナなどを使います。海外旅行においても同じように書けばよいかですが、あまり良くありません。もしかばんなどを紛失したとき、せっかく名前を書いていても日本語だとすぐにそれを判別できない場合があります。すると滞在中に出てこないこともあります。そこで名前を書くときはローマ字などで書いておくようにします。そうすれば判別しやすくなります。

更に住所等については海外からのエアメールを参考にして書いておくと良いとされます。住所は国際的な表記方法と日本の書き方では異なります。滞在中に見つからない場合に、この住所を見つけて送ってもらえる場合があるのです。