海外旅行の行き先決定には旅行の目的を決めることが役立ちます

海外旅行の飛行機内の過ごし方

海外旅行に行く場合はほとんど飛行機でまずその国へ行き、そこからまた飛行機で乗り換えたり、空港から電車やタクシーで移動することになるでしょう。そして、ヨーロッパなどアジアからかなり離れたところに旅行をする場合は、飛行機で過ごす時間は相当に長くなります。その機内をいかに快適に過ごすかがその海外旅行を楽しむ第一歩になるわけですから、非常に重要なことだと思います。帰りの飛行機は旅行先で思い切り楽しんで疲れ切って寝てしまうということが多いでしょうから、ポイントになるのは行きの道中ということになるでしょう。

まずは、座る場所ですが、予約の段階で通路側が取れたら通路側を予約するといいでしょう。自分が寝ている時に内側の人がトイレに行くと起こされますが、自分がトイレに行くときは気兼ねが要りません。また、トイレ以外でも立ち上がったり歩いたりすることでエコノミー症候群対策になりますが、それも通路側であればやりやすいです。

さらに、食事は必ずもらって食べましょう。例えば10時間ぐらいのフライトであれば2回は食事の機会があるでしょう。別においしいものではないと思わず、高度1万メートルで食事ができることに感動しましょう。また、最近は座席前についているテレビが提供するエンターテイメントシステムが優秀に進化していますので、テレビや映画、テレビゲームなどをして楽しみましょう。上空にいると興奮しやすいのか、映画を観ていると普段より感動してよく泣けるかもしれません。こうして楽しんでいればあっという間に目的地に到着します。